アルメディア・ネットワーク代表メッセージ~世界が驚く挑戦を~

DATE:2017-03-01


当社は、創業以来、人間性、技術力ともに優れたIT技術者の育成に取り組んでいます。なぜならば、病院、銀行、鉄道、自動車、家電等の根幹を成すITを使いこなせるのは、他ならぬ、私たち「人」だからです。ITが関わるビジネスは多種多様で多方面に広がり、日々世界のどこかで、程度に差はあれ、多くの“驚き”を産み出しています。当社が目指すのは、そんな“世界が驚く”ことに挑戦し、上質の満足を世に届けていくことです。

社員スキルアップにつながる教育と人事処遇 = 会社成長の源泉

写真㈪

社員がスキルアップに向け挑戦できる環境を実現するのは会社の使命と考えています。「内定者研修」・「キャリアアッププラン」・「フィードバックシステム」・「社内勉強会支援」がその具体策です。「内定者研修」としては、入社後の4月から即戦力を合言葉に、コミュニケーション・社会人マナー・基礎技術などの講座に入社半年前から取組みます。「キャリアアッププラン」には、社員が入社後に歩んで行って欲しい将来像(入社後3年、6年、10年時点で期待する姿)を会社生活の視点で示しています。社員が安心して会社並びに家庭生活のプランを描ける環境へと改善・深化させたいと考えています。「フィードバックシステム」は、社員がキャリアアッププランに沿って設定する目標の達成を支援するシステムです。半年毎に実施する上司との面談を通じて、目標の達成度や課題への取組み状況等を上司と共有できる効果を期待しています。「社内勉強会支援」は、社員が立ち上げた資格取得勉強会に対して会社が取得奨励金等で側面支援する仕組みです。合格に向けて努力を継続することは仕事力のアップに通ずると考えます。社員のスキルアップが会社成長の源泉であると考えています。

 

先輩リーダの声~ 『自分が変わる、そして会社も変わる。』 ~

写真㈫

━━先輩リーダは入社8年目の中堅社員。今の自分と会社について語ってもらいました━━

仕事をしていてやりがいを感じる瞬間は、会社やお客様、チームメンバーなど、周りの人に自分が必要とされていると感じたときです。年々できる仕事の幅が広がり、今では自ら作業を創り出すことができるようになりました。そのようにして仕事を通して自分の成長を実感できるところに、大きな魅了を感じています。

アルメディア・ネットワークは現在過渡期にあると思います。私が入社した2008年と比べて、社員の数や売上は大きく増え、企業体質も変化しています。自分自身の成長と共に会社もよい方向に変えていく、そのような雰囲気を感じています。

そのためにもこれからは技術一本槍ではなく、チームメンバーの管理や調整役ができる人間に成長していきたいと思っています。私がいることでチーム全体がうまくいく、そんな存在になりたいです。メンバーの個性を見極めて、チームとしての総合力を高めることで会社の成長に貢献していきたいです。そして、今まで自分の成長を支えていただいた環境を、今度は自分が教える立場としてしっかり次の世代にも継承していきたいですね。

 

社内イベントは社員との絆を深める大切な機会~新入社員の日記~

写真㈬

【内定者研修】入社半年前から月1回、計6回の研修に参加。少しは社会人としての意識が根付いただろうか。各回の研修振り返りで少しずつ成長してきた自分がいることを確認してきたが。

【入社式】待ちに待った“社会人の第1歩”。期待と不安、何とも言えぬ緊張で落ち着かない。私だけではないはず。

【全体会議】日頃顧客現場で勤務する社員を含む全社員が参加の会議に初参加。こんなに大勢の社員と一緒は初めて。賑やか。新入社員は自己紹介がノルマ。『笑いをとれたら勝ちだ』とネタを繰り出すも、少し後悔。

【新入社員歓迎ボーリング大会】苦手でもハンデがもらえるから怖くない。ストライクを叩けば、チームの人とハイタッチ。仲良くなれるきっかけだったのに。(泣)

【釣りとバーベキュー】梅雨の晴れ間。驚くほど釣れず、逆に面白かった。楽しかったせいか、バーベキューは数段おいしく感じた。普段会えない人との交流。仲良くなれたらいいな。

【社員旅行】初参加でドキドキ。夜の宴会で新入社員は余興がノルマ。練習不足で不安だったが、AKBの歌とダンスで皆を巻き込めた。大盛り上がりで大成功♪。めったに会えない人とも楽しく、たっぷり話ができた。

 

株式会社アルメディア・ネットワークHP
facebookはこちらから