挑戦すべきところでしっかりと挑戦して欲しいです!旭電機化成の原さん

DATE:2017-02-21


旭電機化成株式会社の原さんにインタビューをしました。

—profile

会社名 旭電機化成株式会社
名前 原 麻衣
役職 採用担当
業界 プラスチック製品製造
趣味 御朱印集め

 

—自身の就職活動について教えてください!

私の就職活動は、世間一般で見ると特殊な方だと思います。大学は4年間アメリカに留学しており、卒業時期も日本の大学とは異なるため、アメリカで就活をしていました。学生時の専攻は国際関係学でした。大学3回生の時にアフリカのガーナで約3ヶ月のボランティア活動を行い、大学卒業後はNGOで働きたいという気待ちが強く、NGOの就職先を探していました。NGOは日本の企業のように新卒採用や、4月からの一括採用が無いため、まずはインターンシップから始められるところを探していたところ、前職のNGOを見つけてました。そこでインターン6ヶ月の後、正社員として採用していただきました。現職ではたらくまで、4年間勤めました。日本では、帰国後に留学生向けの合同就活セミナーがあり、参加して見たのですが、どうも自分の肌に合わない感じがして就活をやめました。

 

—現在の会社で働くきっかけと、人事になったきっかけは何ですか?

単刀直入に言うと、結婚した主人の会社で採用していただきました。会社の社長さんがおじさん、専務が義父なんです。主人も営業として勤務しており、私は経理をしています。実は何といとこも一緒に経理をやっています。元々は経理で配属されたのですが、業務が広がり、今では経理・WEB・人事・採用なども行なっています。人事になった経緯としては、会社がこれまで採用活動をしてこなかった分、これからは本腰を入れて採用活動をしていこうと決めたからでした。中小企業では、人事・採用は総務、経理、あるいは他の部署の方が兼任で行うケースが多く、当社も例外ではありませんでした。募集は基本的には無料で登録できるところに頼りきりで、あまり積極的な採用はやってきませんでした。会社自体の平均年齢も高いため、これからも成長し続けるためには、新しい風を入れることも必要です。それには積極的な新卒採用が必要でした。本腰を入れて採用を推進していくために、私も採用の業務に関わらせて頂いております。

 

—会社の良いところを教えてください!

社長ですね。自分で自分の会社の社長を自信満々に良いです!と言うのもためらわれますが、これは絶対的自信を持って言えます。実は私がこの会社に入社しようと思ったきっかけも社長でした。初めて社長に会ってみて、「こんな素敵な社長がいるなら間違いない」と思いました。実際、一緒に働いてみてもそう思います。例えば、社員との心の距離が近い。仕事以外に何か悩み事があると、親身になって聞いてくれます。後は社内の風通しが良いと思います。年齢・性別に関係なくフラットにコミュニケーションを取れる会社だと思います。特に新商品の開発では積極的に全員の意見を聞いたり、改善の提案でも誰でも発言できるように箱を設定したりと、会社を良くしていくために全員で意見を出し合えるような良い風土が築けていると思います。

 

—やりがいを感じる瞬間を教えてください!

店頭で自社の商品を見つけた時ですね。会社に入ってから、皆さんの商品への思いや商品ができるまでの経緯を知るようになり、それぞれ歴史やそれぞれの想いがあるので、それが売られて、手に取られているのをみた時は嬉しいです。説明会をひらいて学生方に当社のお話をした時に、少しでも当社に興味を持ってもらうことができた時はとても嬉ししく思います。また、学生に当社のアイディア商品を紹介した際、1人でも「知ってる!」と言ってくださると嬉しいです。また、現状求人ページも拡充しており、その中で社内メンバーに仕事の楽しさややりがいをインタビューすることもあるんですが、一人ひとりの価値観を理解できた時もやりがいを感じます。社内の中でも、自分の仕事についてざっくばらんに話す機会は実はそんなに多く無いので、こういった取り組みを通して社内で仕事の価値観を共有し、お互い刺激を得る機会になれば良いなと思っています。

 

—今の夢を教えてください!

大阪本社で女性初の産休・育休を経て復帰、そしてフルタイムとして育児と仕事を両立しつつ、復帰後も会社で活躍していくことです。三重県にある青山工場では育休・産休取得が盛んで何人も休暇を経て中核メンバーとして活躍していますが、大阪ではこれまで休暇を取得するメンバーがいませんでした。そのため、私自身が初めてそういった制度を利用し、戻ってきて活躍することで、今後入ってくる女性・男性メンバーにとって刺激になれば良いなと思っています。

 

—面接の際、学生のどこを見ていますか?

その人の人柄ですね。誠実か?主体性はあるか?成長意欲はあるか?などを主に見ています。面接ではやはり皆さん準備して望まれていますので、形式的な面接だけしていては、その人の表面上しかわからず、こちらとしても深いところまで理解することは難しくなってしまいます。そうならないように、面接でその人の人となりがわかるような質問を掘り下げ、その人自身をしっかり理解できるように努めています。ざっくばらんな企業体質なので背伸びをしないで等身大で自分を出してくださると嬉しいですね。後は、やはり当社はひとひねりを加えたアイディア商品を作っている会社なので、枠にはまらず色々な視点で考えられるか、様々なところにアンテナをはって、自分から積極的に情報収集できる方か見させていただいています。

 

—学生へ一言お願いいたします!

実際、21歳22歳という若いうちに、自分の将来を考えることは難しいかもしれません。就職活動では悩みながら努力されている方がたくさんいらっしゃると思いますが、自分の原点に立ち返り、自分がやりたいことは何か?なぜそれをやりたい思っているのか?など深く考え、挑戦すべきところでしっかりと挑戦し、悔いのないような選択をしていただきたいと思います。

 

旭電機化成株式会社