『知らなかった企業』の魅力を知ってください!新日本カレンダーの奥山さん

DATE:2017-04-05


新日本カレンダー株式会社の奥山さんにインタビューをしました。

—profile

会社名 新日本カレンダー株式会社
名前 奥山 道孝
役職 採用担当
勤続年数 19年(採用担当は10年目)
趣味 スポーツ観戦(特にサッカー観戦)

 

—学生時代はどんな学生でしたか?

大学時代は部活とアルバイトで忙しかったのが思い出です。部活はアイスホッケー部に所属していました。入学時はほとんど滑れない状態でしたが、練習を重ねていると上達していくのが実感できて楽しかったですね。4回生のときの最後のリーグ戦前に腕を骨折してしまって長期離脱したのですが、最終戦の最後の数分だけ出場できたことが特に印象に残っています。ちなみにアイスホッケーの練習や試合はスケートリンクを一般営業時間後に貸切で使用します。夜が遅く、練習が終わるころには日付が変わっているということもざらです。なので頑張ってアルバイトして車を買いました。

 

—自身の就職活動について教えてください!

自分の就職活動の時は紙媒体を見て、ハガキで応募する形でした。今のようにスマートフォンで手軽にエントリーできる時代ではありませんでしたね。大学入学時は放送関係に進んでテレビの制作がしたいと思っていたのですが、就職するには狭い業界ということや、これからは放送だけの時代ではない(放送と通信が融合する)と感じて、先入観をあまり持たずいろんな業界を視野に入れて考えて活動していました。つい最近自分の就活時のノートが出てきて見ていると、今取引している企業(通信関係)の名前がありました!全然覚えていなかったのでびっくりしました。

 

—現在の会社で働くきっかけを教えてください!

まず、カレンダーの会社があることにびっくりしましたね。企業説明を聞いていて、ニッチな業界でシェア日本一という部分に魅かれ、そのまま受けてみようと思いました。しかし、その説明会時の筆記試験が難しすぎて、これはご縁がなかったなと思ったのですが、通過していてうれしさが倍増したのを覚えています。その後の面接を経て最初に内定が出た会社で、選考が進むごとに志望度が高まったのですぐに決めました。

 

—面接の際、学生のどこを見ていますか?

どれだけ伝わってくるものがあるか、どんな可能性を感じるか、そして人柄ですかね。特に人をワクワクさせてくれる人、大歓迎です。

 

—学生へ一言お願いいたします!

当社はとてもユニークな企業です。「カレンダーの会社」「そこがペット用品通販も」「さらに高齢者住宅も」と、一見バラバラに見えますが、共通する理念のもとに発展、拡大したものです。新しく入社される方にも多くの活躍の場を用意したいと思っています。私自身、就活中に視野を広げることで「知らなかった企業」の魅力を知ることができました。スタラボはまさにそういう場所ですので、大いに活用してください。そして、納得のいく道を見つけてください。

 

新日本カレンダー株式会社