資源・エネルギー分野で活躍するグローバルニッチトップ企業

DATE:2017-07-06


当社は1936年に大阪で創業し、安全弁専門メーカーとして世界中の資源開発分野やエネルギー産業へ製品を供給しています。国内シェアは断トツトップ、LNG船(液化天然ガス運搬船)市場では世界90%を超える圧倒的なシェアを占めております。
大阪(枚方)に本社・工場があり、Made in Japanの製品を海外へ発信することを使命としてグローバルに展開している会社です。

“安全弁”は豊かな暮らしを支える縁の下の力持ちの製品です。

皆さんは“安全弁”という名前を聞いたことがあるでしょうか?安全弁とは圧力のかかるタンクや配管などの機器に取り付けられる安全装置のことを言います。圧力のかかる機器には爆発や破損のリスクがあるため、ある一定の圧力まで上昇すると圧力を逃がし、圧力が降下すると元の状態に戻すといった役割があります。
例えばLNG船(液化天然ガス運搬船)のガス貯蔵タンクや火力発電所にあるボイラー設備などに安全弁という製品は使われています。安全弁は法律や規則などで設置しなければいけない義務があるため、これらエネルギー産業においては必要不可欠な製品です。
皆さんが普段使っている電気やガス。この上流のプロセスにはエネルギー産業が広がっています。私たち福井製作所はこれらエネルギー産業の安全を守ることで電気やガスなどの安定供給に貢献しているのです。安全弁は身の回りで使われる製品ではありませんが、陰ながら豊かな生活を支えている縁の下の力持ちの製品です。

若手にも早い時期からやりがいのある仕事が出来ます。

当社の安全弁は8割以上が海外で使われています。そのため海外へ出張する機会もあり、それは若手にもチャンスがあります。入社してから数年間は安全弁の専門知識習得や仕事の進め方を学ばなければいけませんが、それが身につくと自ら計画を立ててお客様の下へ訪問したり、市場調査をしたりしてマーケットからニーズを聞き出し、解決していかなければいけません。お客様からしてみると当社の社員は皆一流として見られているので、仕事におけるプレッシャーや緊張感は常にあります。
しかし、お客様から直接感謝の言葉や当社に対する期待などを聞く機会がたくさんあるため、課題を解決したときの達成感は言葉では言い表せないものになります。
当社は安全弁専門メーカーとして世界中のお客様から信頼を築いており、これからも世界No.1の安全弁メーカーを目指して事業を進めていきます。そのためには若く勢いのある社員の力が今後ますます必要になっていくので、私たちと一緒に世界で仕事が出来る人材を求めています。

無借金で高収益をあげている優良企業です。

最後までお読み頂きありがとうございます。今回は特別に+1プロジェクトだけに当社の財務に関するシークレットな情報をお伝えします。
当社は銀行からの借り入れがなく、すべて自己資金から事業資金をまかなっています。また株式の上場も行っていません。株式市場から資金を調達しなくても十分な資金が当社にはあるということです。
それだけ資金に余裕があると言うことは本業でしっかりと収益をあげなければいけません。もちろん毎期黒字決算となっています。
製造業では5~6%の経常利益率があれば優良企業と言われていますが、当社は3倍以上の数字をあげています。また自己資本比率も80%を超えており、指標からみれば大手優良企業に匹敵する数字となっています。
「安全弁を究め、安全弁に生きる」これが当社の経営理念です。経営理念を実行するためにしっかりと収益があげられるビジネスモデルを作り実践することが重要で、今福井製作所にはその基盤があります。(掲載の写真はGastechという世界中のメジャー企業が集まる天然ガスに関する国際展示会の様子です。出展料は少々お高いですが、毎回出展します笑)

株式会社福井製作所のHPはこちら